事業紹介

夢のあるアプリケーション開発

<事業例1:テストコスト削減AIアプリMLET(エムレット:Machine Learning Engine for TEST)

2018年4月、弊社と株式会社リアルグローブ はMLETを共同開発し、リリースしました。

国内外大手金融機関は統合を繰り返したことから、システムにおいても相互間の依存性が高く、ほんの少しの仕様変更や仕様追加から発生するリグレッションテスト(影響確認テスト)負荷は、どの金融機関においてもシステム開発工数増加の一因となっております。

原因を深屈すると、リグレッションテストにかける工数の主たる要因は準備工数(テストデータ、テストスクリプト、テストシナリオ(含むケース)作成にかける工数)でもあると仮説設定できます。
その仮説を是とするなら、テスト準備工数に人手を要さないことで問題の一翼は解決するはずだとの導きから弊社ソリューションは動き出しました。MLETはAI(Artificial Intelligence)を活用することで工数削減を実現します。

金融機関にかかわらず、膨大なシステム設計のドキュメントから機械学習エンジンにて準備工数の削減を目指し、現在機械学習エンジンの開発を現在進行形で展開中です。

<事業例2:プロサッカークラブとのコラボアプリ ”サカレコ”開発 

弊社は2017年5月、高知県初のJリーグ入りを目指す高知ユナイテッドSC の理念に共感し、出資・スポンサードいたしました。
「ITでスポーツの価値を向上したい」との一念と「夢のあるアプリケーション開発」のコラボレーションから、当該取組は生まれました。
サッカーの試合の画像、もしくは個々の選手の動きの解析・分析ツールの開発、スポーツビジネスの発展に寄与する等のアプリケーション開発実施中です。
コンセプトは「日本のサッカー教育を革新する!」です。

Webサイト: https://mag.sakareco.com/
Facebookサイト: https://www.facebook.com/sakareco/
Twitter: https://twitter.com/sakareco

「経営 & IT」コンサルティングサービス

<事業例3:【アミフィアブルコンサルティングサービスの差別化要素】

アミフィアブル株式会社のコンサルティングサービスの特徴は、研究機関と連携が必要な難易度の高いビジネスの企画~開発・運用保守まで一貫してサービスできるナレッジを有している点です。
未知の領域における最先端の技術(人工知能、ロボット、自然言語等)の専門知識がない場合、研究機関とも対話ができずITコンサルティングを遂行できませんが、アミフィアブルのコンサルティングサービスは予め研究機関を組込んだシステム開発であることが一般的なシステム開発会社やコンサルティング会社との圧倒的な差別化要素です。

「某メーカーM&Aシステム統合プロジェクト」(ITコンサルティングサービス実施中)>

弊社は、2018年4月から某メーカーのM&Aに絡むシステム統合案件に参画しました。

統合案件の失敗する主要原因の一つに、以下2つが良く挙げられます
・システム開発経験のない(または浅い)コンサルタントがPMOを担う
・システム開発経験は豊富だが、コンサルティング経験のないSEがPMOを担う

弊社におけるITコンサルタントの定義は、”確かなシステム開発経験があり、確立した方法論を持ったコンサルティングができること”です。
現在アクセンチュア出身のリーダーの元、クライアントからの高い評価を得ている弊社コンサルタントが活躍中です。

自社開発アプリケーション運用サービス

<事業例4:サッカーブレイン、試合結果.comのリリース及び運用実施中

弊社は2019年3月にサッカーブレイン、2019年5月に試合結果.comをリリースし、サービス実施中です。

サッカーは健常者、障がい者みんなで楽しむスポーツです。弊社ではアンプティサッカー協会様とも業務提携し、今後もITによる可能性を追求し、社会に役立つアプリケーションの開発を目指して行きます。

画像をクリックorタップで、各サイトにアクセス出来ます。是非ご利用ください。