情報セキュリティ方針

アミフィアブル株式会社(以下、「当社」)は、生まれた時点で可能性が狭まってしまう恵まれない環境の子供たちに、夢を感じてもらうには、無限の可能性を秘めるIT技術によって、自分自身の生きがいや自分でも何かができるのではないかとう思いを感じてもらいたく、また薄れていく“日本の精神”を子供たちに伝えたく、この会社を立ち上げました。当社の目指す事業領域にとり、情報セキュリティの確保は重要課題のひとつであると考え、情報資産を保護する指針として、情報セキュリティ基本方針を策定し、これを以下の通り実施し推進します。

1.情報セキュリティの定義

情報セキュリティとは、情報資産に対する機密性・完全性・可用性を維持することと定義します。

2.情報セキュリティ目的

当社の生み出すシステム、提供するサービスにおいて適切な情報セキュリティ管理を実施し、継続的に成長していくこと。また、情報セキュリティ管理を実践できる人材を育て、社会に貢献していくことを情報セキュリティ目的とします。

3.管理体制の構築

当社は情報セキュリティ管理体制を構築し、情報資産を適切に管理いたします。

4.法令等の遵守

当社は情報セキュリティに関する法令、国が定める指針その他の規範を、常に最新状態に維持するとともにこれを遵守いたします。

5.情報資産の保護

当社は、情報資産の機密性、完全性及び可用性を確実に保護するために、人的、組織的、技術的に適切な対策を講じます。

6.教育、研修の実施

当社は、すべての役職員に対し「情報セキュリティ基本方針」についての教育、研修をおこない、適切な管理に取り組みます。

7.情報セキュリティ対策

当社は、情報資産にあわせた情報セキュリティ対策を講じることで、情報セキュリティ事故の発生予防に努めます。万が一、事故が発生した場合には、迅速に対応し、被害を最小限にとどめるとともに、再発防止に取り組みます。

8.継続的な改善

当社は、情報セキュリティ方針および関連する社内規程、管理体制の評価と見直しを定期的に行い、情報セキュリティの継続的な改善を図ります。

制定 2016年11月1日
改訂 2017年6月15日
アミフィアブル株式会社
代表取締役社長 窪内 靖治