MLET(エムレット)

テストコスト削減AIアプリ「MLET(エムレット)」とは、システム開発において発生する膨大なテスト工程を自動で行い、その負荷を軽減することを目的に開発されました。
各種テストにかかる工数、時間、人員、コストのすべてを削減することができます。

MLETlogo

MLETは、AI分野で先端を走る、東京大学発のITベンチャー株式会社リアル・グローブと弊社の業務提供によって生まれました。

参考:リアルグローブ・プレスリリース
「アミフィアブルの自動テストAIツール「MLET」にリアルグローブが開発したテスト自動化機械学習エンジンが採用されました」(2018年4月17日)

「MLET(エムレット)」とは、“Machine Learning Engine for TEST”の略称です。

 

テストコスト削減AIアプリ MLET

システム開発は大きく分けて設計工程、テスト工程から成り立ち、導入後は保守・運用へと移行します。

システム開発の流れ

「MLET」はテスト自動化機械学習エンジンを活用したAIアプリケーションであり、画面設計書から単体テストのテストケースを自動的に作成することができます。開発フェーズにおける「単体テスト」および「結合テスト」、保守・運用フェーズにおける「リグレッションテスト(影響確認テスト)」がMLETの対象です。
複雑で大規模なシステム開発ほどその効果は大きく、また長く続く保守・運用において繰り返されるリグレッションテストにおいて最大限の効果を発揮します。

 

開発の背景

弊社では、金融機関におけるデリバティブリスク管理システムのテスト自動化案件を実施してきました。デリバティブ商品は組み合わせにより膨大な商品種別が存在します。さらに金融機関は離合を繰り返したことでそのシステムは複雑を極めています。

そこにはシステムを熟知した優秀なエンジニアの存在が不可欠です。すでに導入されたシステムにおいても、わずかな仕様の変更や追加によって発生するリグレッションテストには、莫大な人手とコストがかかっています。

「属人化からの脱却」、そして「開発コストの削減」をテーマに、弊社ソリューションは動き出しました。

MLETの対象は金融機関に限ったものではありません。複雑を極める金融機関のシステム開発を構築してきた弊社の知見と経験は、他業界のシステム開発にも応用・展開が可能であり、広範囲なサービスを提供します。

従来の問題点

  • (1) テスト品質を保持するためには、優秀な人材が欠かせない(属人化)
  • (2) 高品質なテストを行うためには、膨大な時間と人手がかかる
  • (3) 24時間シフトで人手をまかなうことでパフォーマンスが低下し、テストデータ入力ミスが増大する
  • (4) 複雑なシステムほど複数回のテストサイクルが必要だが、予算・スケジュールの制限から十分に繰り返し行うことができない

テスト自動化で解決!

 

MLETの特徴


AIを活用

既存のテスト自動実行アプリケーションでは、テスト実行は自動化しますが、その前段階のテスト準備に工数がかかっていました。
MLETの場合、事前に「教師データの作成・入力」および「観点マトリクスの作成」が必要ですが、その他は自動化可能なため工数が削減されます。ただし、開発フェーズにおいては仕様変更が頻繁に発生することが多く、工数の削減効果は限定的です。(テスト品質については、既存のテスト自動実行アプリケーションによるものと同等の品質を保つことができます。)

AIを活用したMLETならではの特徴として挙げられるのが、保守・運用フェーズでのテスト実行の「高品質化」です。自動処理のリソースとなる教師データが蓄積されていく保守・運用フェーズでは、テスト回数を重ねるごとに処理結果の精度は増し、段階的に自動化が促進されます。
保守・運用フェーズにおいて繰り返されるリグレッションテストは、MLETが最も効果を発揮する活用シーンと言えます。

MLETと既存アプリの比較

MLETの導入効果

    • (その1) 画面設計書からテストケースを自動生成するため、人手を要しない
    • (その2) AIは疲れない
    • (その3) テストデータは自動で生成・入力されるため、人的入力ミスが発生しない
    • (その4) 自動化により、夜間や休日を含む24時間体制のテスト実行が可能

    MLETのまとめ

    MLETの活用事例

    年間約10人月ものリグレッションテストを行っていた保守案件において、MLETの導入を試みました。その結果、3人月以下の作業に圧縮することが可能になり、工数、時間、コストの削減が確かめられました。

     

    サポート体制

    MLETサービスチームは、プロジェクトごとに専用のサポートデスクを設けています。

    MLETのサポート体制

    MLETはテスト回数を重ねるごとに成長していくテストコスト削減AIアプリです。そのため、一つのシステム開発だけでなく、複数のシステム開発を統合してコスト削減を図る計画を推奨いたします。MLETは新規システム開発だけでなく、画面設計書が存在する既存のシステム開発においても導入が可能です。

    MLETのメインストリームバージョン

    MLETのメインストリームバージョン

    バージョン情報

    2018年1月 MLET v.1.0.0.0 リリース

    それぞれのクライアントの環境に適合したモジュールをご用意します。
    お気軽にお問い合わせください。