機械学習(AI) SI

機械学習(AI:Artificial Intelligence)を活用したシステムインテグレーション(SI)をご提供します。アミフィアブル独自のSIサービス「AI-SI(アイシー)」は、AIによって従来よりも短期間、低コストでのシステム開発を可能にします。

 

AIの活用

金融機関の大規模システム開発を行ってきた経験からシステム開発において発生する膨大なテスト工程を自動化する、テストコスト削減AIアプリ「MLET(エムレット)」を開発しました。MLETの導入によって、単体テスト、結合テスト、リグレッションテストといったすべてのテスト工程にかかる工数、時間、人員、コストを削減することが可能です。

MLETlogo

MLETは、AI(Artificial Intelligence)の分野では先端を走る東京大学発のベンチャー株式会社リアルグローブとの共同開発によって、その品質を確かなものにしています。
AIを活用したMLETならではの特徴として挙げられるのが、保守・運用フェーズでのテスト実行の「高品質化」です。自動処理のリソースとなる教師データが蓄積されていく保守・運用フェーズでは、テスト回数を重ねるごとに処理結果の精度は増し、段階的に自動化が促進されます。
保守・運用フェーズにおいて繰り返されるリグレッションテストは、MLETが最も効果を発揮する活用シーンと言えます。

AI-SIの効果

システム開発における3つの工程でAI-SIの効果が発揮されます。

 

アミフィアブルの特長

アミフィアブル株式会社の特長は、研究機関と連携が必要な難易度の高いビジネスの企画から開発、運用保守まで一貫してサービスできるナレッジを有した体制を整えている点です。

人工知能(AI)、ロボットテクノロジー、自然言語処理などの最先端科学技術は人にとって未知の領域であり、それらを駆使してシステム開発を行うには、研究機関との対話が不可欠です。一般的なシステム開発会社やコンサルティング会社は専門知識を得るまでにステップが必要ですが、アミフィアブルならば予め研究機関を組込んだ体制のため、スピード感をもったサービスの提供が可能です。また、ビジネスのエキスパートを多数有しているため、企画から開発、運用保守まで一貫してサービスを提供することができます。

AI-SIの効果

  • ① 基本設計の段階でMLET用の設計書を書くため効率的
  • ② MLET用のテスト準備を用意すれば、テストコードの入力、テスト実行はすべて自動化
  • ③ 保守・運用ではAIにより自動化が促進され、MLETの効果が最大化

開発終了後は、引き続き弊社が保守・運用を請け負うか、あるいはクライアントがご自身で保守作業を行うことも可能です。その場合、ライセンス料のみで引き続きMLETをご利用いただけます。

AI-SIのまとめ

AIを活用したSIサービスによって、従来よりも短期間、低コストでのシステム開発を可能としました。SIの常識を塗り替える、アミフィアブルの「AI-SI(アイシー)」にご期待ください。