「BPR -UiPath」

この度アミフィアブル株式会社は、RPAベンダーのUiPathと開発リソースパートナー契約を締結いたしました。UiPathの導入により、コンピュータ上で行われる業務プロセスを効率化し、自動化することが可能になります。

RPAとは

RPAとは「Robotic Process Automation」の略語で、コンピュータ上で行われる業務プロセスを人に代わり自動かする技術です。人間が繰り返し行うクリックやキーボード入力など定常的な業務が自動化できることから、「仮想知的労働者(デジタルレイバー)」とも呼ばれています。

RPA導入によるメリット

RPAは短期間でROI改善効果を出し、ビジネスの競争力を高めることができます。RPAは導入が容易であり、様々なシステムとシームレスに連携し、組織のワークフローを変換し合理化することができます。RPA導入ロボットは絶え間なく進捗状況を報告しますので、戦略的に改善しながら、運用上およびビジネス上の予測可能性を高めることができます。

UiPathのRPA

UiPathのRPAは、ロボットで自動化できるワークフローを作成する「UiPath Studio」、ワークフローを実行する「UiPath Robots」、作成したロボットの稼働状況を総合的に管理する「UiPath Orchestrator」によって構成されます。

ユーザビリティ
RPAの導入は、IT部門ではありません。人の作業を代行するためユーザー部門によって導入されます。実際に使用するユーザーに使いやすく設計されている必要があります。ワークフローを作成する「UiPath Studio」はコーティングを日宇陽とせず、分かりやすいユーザーインターフェイスで迅速に開発、導入をすることができます。また、増えすぎたロボットには、管理、統制をする必要があります。「UiPath Orchestrator」は、ロボットの監視、管理、ワークフロージョブの管理、ユーザ管理・監査証跡など様々な機能を一元管理することができます。

柔軟な拡張性
UiPathのRPAは、サーバにインストールして開発、実行、管理を行う「サーバー型」にも、個々のPCにインストールして開発、実行のみを行う「クライアント型」にも対応しています。また、API連携によりさまざまなテクノロジーパートナーのアプリケーションと連携することが可能です。

充実したサポート体制
UiPathは日本を重要拠点と考えており、日本語によるサポート体制を強化しています。ユーザーに、より直感的に理解していただくよう、製品の日本語対応も行っております。また、セミナー、研修制度も充実しており、UiPathを学べる動画「ビデオチュートリアル」や、オンライン無料トレーニングコース「UiPathアカデミー」のほか、UiPath利用時に困った点やバグ報告などが確認できるコミュニティ「UiPath日本語フォーラム」もあり、UiPathには学習・サポート環境が豊富にあります。

 

アミフィアブルのRPAコンサルティング

BPR(Business Process Re-engineering)を中心とした導入の考え方
アミフィアブルがRPAにおいて大事にしていることは、ロボットを作ることを目的にするのではなく、業務そのものを見直すこと、つまりBPR(Business Process Re-engineering)です。RPAはこれまであった基幹システムやマクロ等をより使いやすく、より簡易に実装できることができる便利なツールです。ただこれまでのシステム同様にビジネスプロセスが明確で、どこに課題があるかを明確にしない限り、投資対効果ROIに見合うシステムは構築できません。また課題を明らかにしてみると、RPAではなく業務を簡略化することで対応可能で、RPAを作成する必要がないこともあります。

例えば、社内の複数承認のために何枚も書類を用意する必要があり、この書類の作成のためにRPAを導入したいとします。この場合にはRPAを作るのではなく、承認プロセスを簡素化し、コンプライアンス上の課題はないことを明らかにします。こうすることでお客様は過剰なロボット作成を行う必要はありません。

ERP×RPA
アミフィアブルが推奨しているのが、ERPシステムとRPAのシナジー効果です。ERPシステムは各企業の基幹システムとして、「データの一元管理」「BIによる社内データの有効利用」「コンプライアンス統制」の目的で優れたシステムです。一方で、担当作業者にとってみれば、データ入力の増加や、例外対応時の処理が煩雑になるなど苦労が多い場合が散見されます。RPAはこのような作業者の負担を軽減できます。またRPA導入にあたり、前述したようなビジネスプロセスについてはERP導入時に明らかにしているため、仕様確認コストが大幅にカットすることができます。

 

導入事例

実例1:中堅商社のERPシステム導入およびRPA実装

従業員200名程度中規模の商社に対して、Saas型ERP導入にあたり、ERPが苦手な領域についてRPAを実装。具体的にはファイルアップロードツールやIFツールを開発しました。ERPの苦手な領域をRPAで補いました。ERP導入時に業務プロセスを検証していたことでRPA実装も安価に行うことが可能となりシナジー効果となりました。